いろいろな種類がある業務用エアコンを解説します

最近では国を挙げてストップ温暖化という事で、企業ではエアコンの温度が28度設定になっています。そんな中、人の出入りも激しく、運転時間も家庭とは違って多い為、業務用エアコンというのは馬力が大きく、その負担に耐えられるだけのものが必要になるわけです。そして、業務用エアコンのメリットとしては、馬力が強い分、効きも早いため、電気代は相同的に見るとお得です。家庭用も最近では省エネタイプが多いですが、馬力自体業務用エアコンには敵いません。そして、業務用エアコンは家庭用に比べ価格がやはり高い為、購入というだけでなく、リースというものもあります。そして、長時間稼働させていてもタフなので壊れにくく、パソコンが多く設置されているオフィスなどでは、パソコン熱に負けることなく、オフィス全体が快適な温度に保たれます。

家庭用のエアコンと業務用エアコンとのメリット

最近では国を挙げてストップ温暖化という事で、企業ではエアコンの温度が28度設定になっています。そんな中、人の出入りも激しく、運転時間も家庭とは違って多い為、業務用エアコンというのは馬力が大きく、その負担に耐えられるだけのものが必要になるわけです。そして、業務用エアコンのメリットとしては、馬力が強い分、効きも早いため、電気代は相同的に見るとお得です。家庭用も最近では、省エネタイプは多いですが、馬力自体業務用エアコンには敵いません。そして、業務用エアコンは家庭用に比べ価格がやはり高い為、購入というだけでなく、リースというものもあります。そして、長時間稼働させていてもタフなので壊れにくく、パソコンが多く設置されているオフィスなどでは、パソコン熱に負けることなく、オフィス全体が快適な温度に保たれます。

家庭用のエアコンと業務用エアコンとのデメリット

家庭用エアコンよりも業務用エアコンの方がサポートも充実していますし、メーカー保証が長かったりするので、購入したりリースしてすぐに故障したとしても、すぐにサポートが効くため、故障に対しての費用が必要ありません。ですが、家庭用エアコンのような壁掛けタイプに比べ、業務用エアコンというのはほぼ、天井カセット式のエアコンが多いため、清掃する時の手間がとてもかかります。これも業務用なので業者に頼めばキレイにはしてもらえるのですが、そこに費用がかかります。家庭用エアコンは自分で好きな時にメンテナンスが可能ですが、業務用となるとお店がお休みの時やオフィスが休業の時に専門業者に入ってもらって作業をしてもらうことになる為、まめにメンテナンスということはできないと思います。そして、そのメンテナンス料も踏まえ、購入や設置を考えなければいけないという事になります。