業務用エアコンにかかる費用をお教えします

エアコンは「パッケージ(業務用)エアコン」、「家庭用エアコン」の2つに大きく分けることができます。家庭用エアコンと業務用エアコンの大きな違いは「冷暖房能力」です。普段、家庭用エアコンを決める場合は部屋の広さ(畳)で機種を選びます。しかし業務用エアコンを選ぶ場合は部屋の用途・業種が重要になってきます。例えばパソコンなどOA機器が多く設置されているオフィスでは、機械からの熱が発生します。また従業員数が多ければその分人の熱も発生するためこれらを考慮してエアコンを決める必要があります。他には使用する空間自体はさほど広くなくても、焼肉や鉄板焼のように熱源が多くある場合はエアコンの能力に注意しましょう。このような場所では面積よりも冷暖房能力が大きなエアコンを選択する必要があります。

業務用エアコンの種類とそれぞれの特徴

業務用エアコンは用途や部屋の形状により様々なタイプを選択することができます。業務用エアコンの中で大半を占めるのは「天井埋込カセット形」です。このタイプは本体が天井に埋め込まれ化粧パネルのみが表面にでる為デザイン性に優れています。吹出口も4方向、2方向、1方向と選べ、部屋の温度が均一になりやすいです。設置しやすい「天吊形」はその名の通り天井から吊り下げて設置します。設置できない環境はほぼなく、工事費も比較的安価です。家庭用でおなじみの「壁掛形」は業務用や家庭用に比べひと回り以上大きく、パワーも格段に大きいです。床から離して設置するものでは1番設置が楽です。床に設置する「床置形」は1番工事費がかかりません。天井の高い施設で使用されることが多く、メンテナンスやクリーニングもしやすいです。他には吹出口の位置が自由に選べる「ビルトイン形」、吹出口、吸込口共に自由に設置できる「ダクト形」があります。

業務用エアコンのおすすめ購入方法

業務用エアコンを導入するためには「本体費用」、「設置費用」がかかります。本体価格は機種によりますが、設置費用の相場を決めるのは「エアコンの種類」と「馬力」です。業務用エアコンで一般的な天井埋込カセット形の場合、天井に埋め込む為どうしても設置費用が高額になってしまいます。しかし、馬力、付加機能など選択肢が多いのでランニングコストを考えると総合的に見て安く済む事もあります。最近は天カセ形でも短時間で設置でき費用が安価に済む機種もあります。業務用エアコンを使用する場合は家庭用の電源では使用できないため電気工事も必要になります。業務用は本体、設置費用、電気工事費用など初期費用が多くかかってしまいます。しかし耐久性、保証期間の長さ、総合的に見るとランニングコストは安いなどメリットが多くあります。