業務用エアコンを使うメリットとデメリット

飲食店や会社のオフィスなんかで、埋め込み型や普段目にするものよりも大きなエアコンを見ることがあります。これらはほとんどの場合が業務用として販売されているエアコンです。このような業務用エアコンは、他のエアコンとは何が違うのでしょうか。業務用エアコンがその他のエアコンとの一番の違いはその馬力にあります。家庭用のエアコンでは一般的に3馬力までしか対応していません。しかし業務用エアコンは1.5~10馬力と幅広く対応しているのです。1馬力でおよそ8畳の空間を冷やす能力があると言われています。つまりこの馬力が強い業務用エアコンは、広い部屋で使う場合に最適となるのです。また、業務用エアコンは1つの室外機に複数のエアコンを繋ぐことが可能となっています。例えば複数のエアコンが存在している会社のオフィスなどでは、室外機のスペースを節約することができるのです。

業務用エアコンを使用するメリットとは

このような業務用エアコンですが、実際使用するとなるとどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、業務用は一般的に壊れにくいと言われています。それは他のエアコンよりも外装や内部構造がしっかりできているためです。そのため、どのようなハードな環境においても使用できるというメリットがあります。家庭用エアコンではすぐ壊れてしまいそうな、例えば水がかかりやすいような場所で使用したい場合には、業務用を選ぶ方がより長く使用することができます。他にも、業務用だとドアの開閉による外気の影響が少ないというメリットがあります。これは例えば飲食店や美容院などの出入りが激しい場所向けのメリットです。家庭用のエアコンではドアの開閉によってすぐ温度が変わってしまいますが、業務用ではそもそも開閉を見込んだ設計をしているためにほとんど影響を受けないのです。

業務用エアコンを使用するデメリットとは

一方で、業務用エアコンを使うにはデメリットも存在しています。大きなデメリットとして、設置が大変だという点があります。業務用と一言でいってもその形は様々です。しかし多くの業務用エアコンが、天井に埋め込む形で設置するものとなっています。このようなエアコンを設置する場合天井に穴を開けなければならず、またそのためのスペースも確保しておかなければなりません。さらに設置するための工事費が、家庭用のものよりも余分にかかってしまいます。また、使用する電力が一般的なものと違うため、その電気を使用するための工事や電力会社と別途の契約が必要になる場合もあります。このように業務用エアコンには、他のエアコンとは違う点がいくつかあります。広いスペースにエアコンを設置する場合には業務用エアコンの方が電力の節約になる場合などもあるので使用場所に合わせたエアコンを設置するとよいでしょう。