業務用エアコンを導入するポイント

家庭用のエアコンと業務用エアコンの違いを紹介します。基本的な構造には違いはほぼありませんが、冷暖房の能力には大きな違いがあります。家庭用エアコンが3馬力までですが、業務用エアコンが10馬力まであります。広い空間の空調を整えることが出来ますし、熱源が多いエリアを冷やす能力も業務用エアコンの方が得意です。また、業務用エアコンは室外機が1つでも室内機を複数に繋げることも可能な為、家庭用にはない設置方法もできます。電源の種類も異なります。家庭用は電圧の低い単相の電源ですが、業務用は三相の電源が選ばれることが多いです。導入の際は確認が必要です。三相の電源の導入には電力会社との契約が必要です。三相は基本料金が高く設定されている分、使用料金が低いです。業務用は多くの電力を使いますが、三相の契約ではコストを抑えられます。

業務用エアコンを選ぶ時のポイント

業務用エアコンを選ぶ際のポイントは広さだけでなく、設置する部屋がどのような使われ方をするのかを考える必要があります。人の出入りが多く、ドアの開閉が多かったり、部屋内に熱を持つ機器が多い場合は馬力の高い物を選ぶ必要があります。部屋の大きさやその使い方によって、馬力を選んでいく必要がありますが、どこに設置をするのか、馬力によっては電源の種類を変更する必要があるなど、知識がない方が選ぶには難しいことです。業務用エアコンを専門に扱う業者などのプロの方に相談し、一緒に選ぶ事で最適なエアコンを選んでもらえます。最適な馬力だけでなく、コストを抑えることにもつながることがあります。一般的に15畳ほどの広さで1.5馬力程の馬力が必要と言われています。必要な馬力より低いと設定した温度に調整出来なかったり、逆に馬力がありすぎると風量が大きすぎて不快になったりします。

業務用エアコンを選ぶ事のメリットを紹介します

業務用エアコンと家庭用では馬力が同じでも業務用エアコンを選ぶメリットがあります。業務用は長時間使われることを想定して作られているので、耐久性が高く壊れにくいです。一般家庭の部屋とは違う環境では耐久性が求められます。馬力が高いものが選択できる業務用ですが、高い馬力を維持するのも耐久性が高い業務用の方が向いています。負荷がかかる環境でも壊れにくいです。ドアの開閉が多く、パソコンや調理機器などの熱を発する物が多い環境だと業務用の方が温度を一定に保てる能力があります。室内機は複数設置しても室外機は1つで対応できる設置の仕方も選べられます。メーカー保証の面でも業務用の方にはメリットがあります。業務用の保証期間は5年から15年の保証がついている事があり、安心です。業務用エアコンには様々な形状の物があります。天井に埋め込むタイプの物は見た目がすっきりしますし、部屋全体を効率良く同じ温度にできます。