横浜の注文住宅が人気な理由とは

横浜市で注文住宅を建てたい場合には東京都心にも近く、近代化も進み交通面も整備されていて周辺地域も利便施設が揃っていて人気があります。人気のエリアは地価も高めですが駅から徒歩で15分ばかり離れるとかなり物価も安くなります。大型スーパーが多かったりおしゃれなカフェなども利用できてかなり満足できる生活が送れるエリアと言えます。従ってこれらの地区に注文住宅を建てることは生活環境も整っていることもあって人気となっています。建築設計事務所の数も多く地価が高い場合、狭小敷地であってもこれを手掛ける事務所が存在し利用する価値はあるものと見られています。そしてこの地区の住宅造りはどのような形でなされているのかは興味深い問題でもありその特徴を探ってみたいと思います。

気密・断熱性と耐震性については

最近は地震を始め自然災害も多く発生するようになって来ています。その際住宅で重要視されるものは高気密・高断熱性とともに耐震性や耐風性、耐久性が重要となっています。輸入住宅であるツーバイフォー工法は床と四方の壁、そして二階床や屋根構造が面構造になっているためにマッチ箱のように外力に働き地震や強風に強い構造になっています。これは阪神淡路大震災や東日本大震災の折にもほぼ無傷であったことでその強さが証明されて来ました。木造枠組壁工法と呼ばれ主に北米大陸で培われて来た技術であり極寒の気候にも耐え評価されて来ています。そして高気密・高断熱工法は省エネを必要とする現代においては電力の節減効果をもたらし適切な工法と言えます。和風住宅に比較してデザイン面においても、又、建築材料や色彩においても自由であり人気でもあります。

自由設計で建てられる住宅とはどういう内容なのか

横浜市で注文住宅を建てる場合には予算に従って建てたいものです。しかし大手のハウスメーカーなどでは建設費の坪単価も高く、なかなか思うように建てられないのが現状と思われます。過去に比較して家族の人数も減って来ていることや、土地の地価が高い場合には広い土地に住めないこともあり、これに対応可能な手法が自由設計と呼ばれています。これは坪単価で工事費を算出するのではなくて、総工事費として見積もる方法です。従って予算に応じてその範囲内に抑えたい場合には内部の間仕切り壁の総長さを短くしたり、建具の数や電気設備の箇所数を減らしたり、子供部屋などは始めから間仕切り壁を設けるのではなく必要となったときに取り付けられるように下地だけ設けておくといった手法のことを指します。従って予算内に収めることも割合簡単にできこれが人気にもなっています。